痛みに耐えて毎日の生活を送る、痛みとうまく付き合うことも大事ですが、痛みのない身体で毎日を過ごす。
その為には、ちょっとした毎日の運動も欠かせません、
家庭でできる簡単なトレーニング方法を紹介していきます。健康的な毎日が過ごせるようにしましょう!!

指針整体 エルビナコンディショニング 東京都北区上中里2-36-13 03-3913-0707

指針整体マスター二見ともふみ
正しい姿勢を造る事で、故障をしにくい身体作り
全身の無駄な力を抜く事が大事です。
家庭でできる簡単なトレーニング等の紹介です

指針整体マスター二見ともふみ
理想の身体づくり

1−体幹部の鍛え方
2-体の要、腰の鍛え方
正しい姿勢のつくり方

 




 

余計な緊張があると身体はうまく使えない
右利きの人が左手を強く握った状態で、字を書こうとしても、普段どうりに字が書けないと思います。この状態は、余計な緊張があることで、動作を行うときに本来使われるべき筋肉が使えなくなっている状態です。極端なたとえです。
日常の歩く動作でも、各人の癖で、どこかに余計な緊張があるために、本来の自然な歩き方が出来ていなかったりします。
自転車に乗っているとき、自然に重心でバランスを取っています。
初めて、自転車に乗る練習をした時は、緊張のために肩や腕、脚などに力が入ってうまく乗れなかった記憶はありませんか?繰り返し練習するうちに、最も安定する重心を見つけることができ、転ばずに進む事が出来るようになります。身体の緊張も取れてリラックスしていくからです。普段の立ち姿勢や歩行などでも自然な状態の重心を見つけることで、余計な緊張が取れてバランスの良い身体の使い方が出来るようになります。
体幹の動きを表す3つの軸
身体の動きは、構造上3つの軸をもちます。このような軸をまったく意識せずに運動を行うのと、イメージして運動するのでは、その動きは、かなり異なってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






身体を正しく使うポイント

正しい姿勢を造るには、正しい身体の使い方を覚える事が先決です。姿勢は、筋肉のバランスによって決まってきます。左右の筋肉がアンバランスであれば、側湾など左右に歪み、前後にアンバランスであれば猫背などになってしまいます。また、腰痛・肩こり・膝痛等の原因にもなってきます。全身バランスのとれた筋肉を造る為には、余計な緊張をなくして、リラックスした状態を作る事が重要です。
動作が起こっても、必要最小限の筋肉のみが使われて、その他の筋肉はリラックスしている事が大切です。無駄な緊張をなくしてリラックスしながらも、使うべき筋肉だけを使って動く事が、身体を正しく使うという事です。正しく身体が使えるようになれば、日常の動作等正しい姿勢が保たれ腰痛・肩こり・膝痛等も改善されていきます。

T-重心をイメージして身体の使い方のポイントを確認しましょう

自然だと思う形で、まっすぐに立って下さい。身体が止まって安定している場合は、どこかの筋肉を緊張させている状態です。リラックスした状態では、身体がユラユラ動くのを感じます。これが余計な緊張がなく、重心で立っている状態です。身体の力を抜いて、いったん足裏の拇指球に体重を乗せてみて下さい。身体は、安定しています。そこから足裏の色々な位置に重心をかけていきます。身体がユラユラ不安定になる位置を探して見ます。そこが自然な状態の重心がかかっている場所です。くるぶしの内側あたりに重心を置いた時に自然な状態ができることが多いと思います。重心の位置を意識する事で、筋肉は余計な緊張から開放されて、バランスの良い状態に近づく事が出来ます。重要なのは、動作の中でもこのような重心を意識して、リラックスできるかどうかです。
このことを無意識に行っているのが、自転車に乗るという行為です。はじめは身体の筋肉が緊張していてすぐに転んでしまいます。しかし繰り返し練習していくうちに、バランスのとれた重心の位置を見つけリラックスした状態で乗れるようになります。
人間の中には、このような事を自然に行う機能が存在します。

U-運動軸を意識して身体の使い方のポイントを確認しましょう

重心とともに大切なものに動作の運動軸があります。身体の関節の動きは、全て回転によってできています。回転には必ず軸があるため、人間の動作のすべてには、必ず軸が存在します。それが運動軸です。
これは、身体の体幹の動きを表す3つの運動軸(前後軸・左右軸・回旋軸)です。

運動軸

前後軸は左右屈、左右軸は前後屈、回旋軸は捻りの動きの軸になります。何か動作をする時に、正しい軸を意識して動く事によって、身体を正しく使う事が出来るようになります。
身体の動きは、この3つの軸だけではありません。全身のさまざまな動きに対して、運動軸を正しく意識出来るようになれば、身体の自然な動きが出来るようになります。
肘の動きに対する正しい運動軸?
肘を曲げて力こぶを出す時、AとBの軸をそれぞれ意識して力の入り具合を見てください。

軸の意識軸の意識



A「内側に軸をイメージして肘を曲げる」正しい軸です。こちらをイメージして肘を曲げてくると上腕にグッと力が入ってきます。
B「外側に軸をイメージして肘を曲げる」外側が肘の関節だと思ってしまう間違い。こちらを軸にして曲げようとすると、筋肉にうまく力が入らないと思います。このような間違いが身体の色々な部分で起こっていると、効率よく身体はつかえません。

V-体幹の前後軸を意識して身体の使い方のポイントを確認しましょう

普通に上体を左右に倒して見ましょう。腰から左右に曲げようとしていませんか?どのような形で体を倒しているか意識してみましょう。次にどこが軸になっているか意識してみましょう下図のあたりになっていると思います。

軸の意識



次に胸に軸を意識して胸から左右に倒してみましょう。胸椎にも左右に動く為の軸が存在しています。普段あまり意識されないために、動きにくくなっている人が多いと思います。ここにも軸があることを意識し動かす事で、左右屈の可動域はが広がります。

軸の意識



このように身体の使えていない部分を使えるようにしていくことで、バランス良く動けるようになっていきます。

必ず正しいフォームで行ってください。事故・故障など起こりましても当方の責任ではありませんので、ご了承ください。
フォームチェック20分2000円で行いますので、ご希望の方は、ご連絡ください。

指針整体エルビナコンディショニング

指針整体最初のページ
指針整体で行う事
指針整体とは
指針整体施術内容
指針整体施術料金
指針整体エルビナコンディショニング紹介
指針整体エルビナコンディショニング地図
問い合わせ・質問・予約等
elvina@kenkoushien.com
リンクのページ
サイトマップ
整体は怪しいか
整体師の趣味プログ


体験談・対処法
腰痛の経験
肩コリ、首の痛みの体験
膝の痛みの体験
花粉の体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京都北区上中里2-36-13
TEL 03-3913-0707
指針整体エルビナコンディショニング(有限会社エルビナ)
提携先:滝野川トレーニングクラブ・なるほど自転車クラブ